【Game Creator】Trigger一覧【Unityアセット】

Game Creatorサムネ

Unityアセット「 Game Creator」の発火条件「 Trigger」のコマンド一覧をまとめました。

Character

On Step

指定したCharacterが歩いている時に発火。
StepがAnyの時は左・右足の両方が、Leftの時は左足が、Rightの時は右足が動いている時

On Jump

指定したCharacterが飛んだ時に発火。
Jump Chainが0の時は地面から離れた瞬間、1の時は2段ジャンプをした瞬間、2の時は3段ジャンプをした瞬間、3…となります。

On Land

指定したCharacterがジャンプ状態から接地した瞬間に発火。接地した時の垂直速度はStore Virtical Speedで設定した数値型の変数に格納します。

Object

トリガーのObject群は、全てコライダーとの接触で発生するTrigger、Collision関係です。

On Collision Enter

トリガーがOtherCliderのコライダーと接触した時、又はOtherColliderが空の場合は何らかのコライダーと接触した時に発火。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Selfで設定したGameObject型の変数に、トリガーと接触したオブジェクトをStore Colliderで設定したGameObject型の変数に格納します。

トリガーと対象オブジェクトの両方にColliderコンポーネントが、どちらか片方にRidibodyコンポーネントが必要で、さらに接触できる状態(通過できない状態)にしておく必要があります。

On Collision Enter With Tag

「On Collision Enter」と同様の発火条件や変数格納を行いますが、発火の条件に加えて対象オブジェクトのタグがObject With Tagと等しい必要があります。

On Collision Exit

トリガーがOtherCliderのコライダーから離れた時、又はOtherColliderが空の場合は何らかのコライダーから離れた時に発火。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Selfで設定したGameObject型の変数に、トリガーと接触したオブジェクトをStore Colliderで設定したGameObject型の変数に格納します。

トリガーと対象オブジェクトの両方にColliderコンポーネントが、どちらか片方にRidibodyコンポーネントが必要です。さらに接触できる状態(通過できない状態)にしておく必要があります。

On Collision Exit With Tag

「On Collision Exit」と同様の発火条件や変数格納を行いますが、発火の条件に加えて対象オブジェクトのタグがObject With Tagと等しい必要があります。

On Player Enter

トリガーのコライダーにPlayerが接触した時に発火。トリガーにRidibodyコンポーネントが必要です。

On Player Enter Key

プレイヤーがトリガーのコライダー内にいる間、Key Codeが押された時に発火。トリガーにRidibodyコンポーネントが必要です。

On Player Exit

トリガーのコライダーからPlayerが離れた時に発火。トリガーにRidibodyコンポーネントが必要です。

On Player Stay Timeout

プレイヤーがトリガー内に入ってからDuration秒を越えた瞬間に発火。トリガーにRidibodyコンポーネントが必要です。

On Trigger Enter

トリガーか対象オブジェクトのどちらかがKineticの時、接触した瞬間に発火。トリガーにRidibodyが無い場合、Kineticでゲーム開始時、自動的にコンポーネントを追加します。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Selfで設定したGameObject型の変数に、トリガーと接触したオブジェクトをStore Colliderで設定したGameObject型の変数に格納します。

なお、トリガーにRidibodyコンポーネントが無い場合、自動的にisKinematic = tureとして付与します。

On Tag Enter

「On Trigger Enter」と同様の発火条件や変数格納を行いますが、発火の条件に加えて対象オブジェクトのタグがObject With Tagと等しい必要があります。

On Trigger Exit

トリガーか対象オブジェクトのどちらかがKineticの時、離れた瞬間に発火。トリガーにRidibodyが無い場合、Kineticでゲーム開始時、自動的にコンポーネントを追加します。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Selfで設定したGameObject型の変数に、トリガーと接触したオブジェクトをStore Colliderで設定したGameObject型の変数に格納します。

なお、トリガーにRidibodyコンポーネントが無い場合、自動的にisKinematic = tureとして付与します。

On Tag Exit

「On Trigger Exit」と同様の発火条件や変数格納を行いますが、発火の条件に加えて対象オブジェクトのタグがObject With Tagと等しい必要があります。

On Trigger Stay Timeout

対象オブジェクトがトリガー内に入ってから、又は対象トリガーがオブジェクト内に入ってからDuration秒を越えた瞬間に発火。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Selfで設定したGameObject型の変数に、トリガーと接触しているオブジェクトをStore Colliderで設定したGameObject型の変数に格納します。

Input

On Cursor Raycast

Keyを押した時、マウスポイントにトリガーのコライダーがあれば発火。発火時はトリガーのゲームオブジェクトをStore Colliderで設定したオブジェクト型の変数に格納します。対象オブジェクトを変数に格納するため、アクションでは、その変数を使って直接オブジェクトを操作できます。

GameCreator_Trigger「On Cursor Raycast」


▲緑色のブロックにトリガーコンポーネントを加えています。この場合、マウスで緑色のブロックをクリックした時に発火します。

On Hover Hold Key

マウスポイントがのコライダートリガーに触れている時且つ、ユーザーがKey Codeで設定したキーをholdTime秒押し続けた後に以下の条件を確認します。

ExcuteがOn Key Upの時、、ボタンを離すと発火。
ExcuteがOn Timeoutの時、ユーザーがKey Codeで設定したキーをholdTime秒押し続けた後に、まだボタンを押し続けていたら発火。

On Hover Press Key

マウスポイントがのコライダートリガーに触れている、且つKey Codeボタンを押下している間、発火。

On Key Down

Key Codeボタンを押下した瞬間、発火。
Input.GetKeyDownと同じです。

On Key Hold

ExcuteがOn Key Upの時、ユーザーがKey Codeで設定したキーをholdTime秒押し続けた後に、ボタンを離すと発火。
ExcuteがOn Timeoutの時、ユーザーがKey Codeで設定したキーをholdTime秒押し続けた後に、まだボタンを押し続けていたら発火。

On Key Up

Key Codeボタン押下状態から、ボタンを離した瞬間に発火
Input.GetKeyUpと同じです。

On Mouse Down

Mouse Buttonを押下した瞬間、発火。
Input.GetKeyDownと同じです。

On Mouse Enter

マウスポイントがトリガーのコライダーに侵入している間、発火。
MonoBehaviourのOnMouseEnter()と同じです。

On Mouse Exit

マウスポイントがトリガーのコライダーから離れた瞬間に発火。
MonoBehaviourのOnMouseExit()と同じです。

On Mouse Left Hold

ExcuteがOn Mouse Upの時、マウス左ボタンをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。
ExcuteがOn Timeoutの時、マウス左ボタンをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。

On Mouse Middle Hold

ExcuteがOn Mouse Upの時、マウスホイールをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。
ExcuteがOn Timeoutの時、マウスホイールをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。

On Mouse Right Hold

ExcuteがOn Mouse Upの時、マウス右ボタンをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。
ExcuteがOn Timeoutの時、マウス右ボタンをholdTime秒押し続けた後に、離すと発火。

On Mouse Left Click

ClickTypeがSingle Clickの時、マウス左ボタンをクリックしたら発火
ClickTypeがDouble_clickの時、マウス左ボタンを0.5秒以内に2回クリックしたら発火

On Mouse Middle Click

ClickTypeがSingle Clickの時、マウスホイールをクリックしたら発火
ClickTypeがDouble_clickの時、マウスホイールを0.5秒以内に2回クリックしたら発火

On Mouse Right Click

ClickTypeがSingle Clickの時、マウス右ボタンをクリックしたら発火
ClickTypeがDouble_clickの時、マウス右ボタンを0.5秒以内に2回クリックしたら発火

On Mouse Up

Mouse Buttonを押下した後、ボタンを離した瞬間に発火。
Input.GetKeyUpと同じです。

Raycast Mouse World Position

Mouse Buttonを押下した時、発火。さらにその地点のワールドポジションをVector3型の変数に格納します。

While Key Down

Key Codeを押している間、発火。
Input.GetKeyと同じです。

While Mouse Down

Mouse Buttonを押している間、発火。
Input.GetKeyと同じです。

General

On Event Receive

イベントのメッセージコードを受信するトリガーです。Action「Dispatch Event」でEventNameが指定された時に発火。さらに、メッセージコードを発信したゲームオブジェクトをstoreInvokerで設定したGameObject型の変数に格納します。

On Become Invisible

カメラから見えなくなった瞬間に発火。
MonoBehaviourのOnBecameInvisible()と同じです。

On Invoke

トリガーがプログラム上から呼び出された時に発火。トリガーは対象トリガー.excute()でプログラムから実行できます。さらに、実行元のゲームオブジェクトをstoreInvokerで設定したGameObject型の変数に格納します。

On Disable

トリガーが非アクティブになった時に発火します。アクション「SetActive」で非アクティブ化ができます。
MonoBehaviourのOnDisable()と同じです。

On Enable

トリガーがアクティブになった時に発火します。アクション「SetActive」でアクティブ化ができます。
MonoBehaviourのOnEnable()と同じです。

On Load

ロードを実行した時に発火します。アクション「LoadGame」でロードが可能です。

On Save

セーブを実行した時に発火します。アクション「SaveGame」でセーブが可能です。

On Start

シーン開示時に発火します。
MonoBehaviourのStart()と同じです。

On Become Visible

カメラから見えるようになった瞬間に発火。
MonoBehaviourのOnBecameVisible()と同じです。

UI

On Mouse Enter UI

uGUIコンポーネントにマウスポイントが接触した瞬間に発火。
MonoBehaviourのOnPointerEnter()と同じです。

On Mouse Exit UI

uGUIコンポーネントからマウスポイントが離れた瞬間に発火。
MonoBehaviourのOnPointerExit()と同じです。

Variables

On Variable Change

Variableで設定した変数に変化があった時に発火

関連リンク

参考 【Unityアセット】Game Creatorの紹介と解説 トップページゲーム開発65535 Ver2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA